激安タイヤを買う

激安タイヤはほんとに買っても大丈夫かいつどこのお店に行けば買えるのでしょうか。

ガソリンスタンド屋さんのタイヤショップなどで一緒に目を疑うような価格のロープライスレスタイヤを見にすることがあります。決してわけのわからない輸入タイヤなどではありません。商品にはしっかり国内有名メーカーのブランドが入っています。ブランドバックのように偽物と言う事はタイヤの製造工程から考えるとあり得ません。サイズや数量が限定され4本セット組しか販売されていないこの商品はなぜここまで安く売れるのだろうか?いったいこのタイヤは何者なのか。

実はこのタイヤはれっきとした本物のタイヤです。ゲリラのようにごく限られた地域に現れて通品店の実勢価格のざっと半額から3分の1の価格で販売されています。特に宣伝することもなくさっと口コミで広がり短期間で売り切れてしまいます。そしてその後はまるで何事もなかったかのような状態に戻ってしまいます。

安いタイヤの流通ルートは意外と複雑になっています。メーカーから地域ごとに置かれた反射に渡りそこから店舗やディーラー二次問屋にわたる。商品の流れとしてはこれだけなのですがお金の流れはそう簡単ではありません。タイヤは小売業に売る価格がある程度決まっています。値崩れをセグ意味からも金額も大きく変わりません。しかし大手チェーンの通品店とガソリンスタンドを同列にしていたのでは文句が出てきます。そこで販売本数に応じてバックリベートと言われる割戻しを行いショップには事実上の値引きをさせます。

たくさん売れるところで安く仕入れられるから値段も安くなるはずなのだがなかなかそうはいきません。大型店等のショップは店舗を運営するコストが高いです。まして全国チェーンの場合は本社に総務などをスタッフがいます。仕入れが安いからといってバックリベート分まるまる売値を下げることができない。なので地域ごとのタイヤの価格はあまり大きく変わりません。激安タイヤはこういった正規ルートから出てくるのではなく反射から直接二次問屋に安く下されたものが流れてきます。

タイヤ業界はシェア争いが激しいから何しろ奔走理科があります。結果苦肉の策として二次問屋へ兼売となるわけです。

もう一つの激安ルートはメーカー工場物流倉庫である。メーカーが市場予測して製品を作ります。いつも予想通りとは限りません。予想が外れれば在庫となってしまいますまた新製品投入の際も9製品が在庫となることがある。導入日が決まっていれば在庫の9製品は全て廃棄することになります。この廃棄したタイヤが業者を通じて市場に流で来るのです。

すべてのメーカーや工場物流倉庫で行ってるわけではありませんどちらかと言えば少数派になります。それだけ絶滅寸前の天然記念物のようになかなか出会うのは難しいことになります。しかし出会える確率が高まる可能性もあるわけです。

続いてはタイヤではなく、車の話を。と思ったのですが、こちらにわかりやすく実は海外で人気の車種「プレミオ」で説明してくれているサイトがありますので、車の買取について興味がある方はこちら参考にしてください。

コメントを残す