スカイラインとか電気自動車とか

スカイラインとか

スカイラインと言うとGT-Rに象徴されるようなスポーティーで人気の高い小型車を思い浮かべるが、それより少し前そのGT-Rに至る有史前と言うような事態がありました。ここ数回続けているブルバード、コロナにある国産車の夜明けの時代、もう1枚噛んでいたのがスカイラインだったのでした。

そこには技術を込めて興味深い歴史がありました。戦争中は飛行機を作っていた会社が戦後まもなく自動車産業に向かう例が少なくなかったです。立川飛行機から東京電気自動車となって初期の電気自動車頭を作って解明したたま電気自動車を経てプリンス自動車を乗るのはプリンスセダンを発売してまもなくのことである。

ASHI-1型が4名送り出されるが、それから半年ほど遅れてプリンス自動車工業に改名された写メでもあったフェンスの名前は現在の天皇陛下でもある皇太子殿下のお祝いのこと。

それまで電気自動車を模索のしていたがバッテリー価格の9と逆にガソリン統制の解除が重なりプリンスはガソリンエンジンを搭載した上重聡計画された。エンジンの用意がなかったらプリンスは同じ飛行機メーカーから天神節会寒気にあった富士精密工業から長期を受けることにする。結局両者が後に合併することになるのだが富士製の直列4気筒のエンジンを搭載しそれはお互いに総務駅にあったダットサンやトヨペットとほぼ似たサイズだったがエンジンをそれらが1リッターより大きいものだつた!

電気自動車と言うと未来の乗り物と言うイメージが強いかもしれませんが実は1947年戦後間もない時代に日産自動車のDNAでもあるたま電気自動車が登場させています。1度の充電で65キロの走行が可能です最高速度は35キロ。現在ミサが販売している電気自動車リーフの高速距離が400キロメートル、というスペックがあるので電気自動車の進化を感じざるを得ないがそれよりも戦後間もない時代に電気自動車が既に誕生していたことに驚きを隠せない。

今ではスポーツカーブームの再来とも言える時代に突入していて車の業界も楽しい話題がどんどん出てきていますよね。これは車好きはもちろんですが、そうでない人たちにも良いしげきをあたえているのは間違いないのかなと思います。これからの時代が今よりさらに楽しい車の時代になれるようにこちらも応援していきたいですね。

コメントを残す