アメリカ車の巨大化時代・・

アメリカ車がすでに触れたように工業製品としては実にコストパフォーマンスが高く実用性のある道具になっている。シボレーの分18はすこぶる信頼性が高く、パワフルで安い。一時期のジャガーはひどかったが合理的なアメリカの湯沢シボレーのブイ8に換装して幸せな生活を送っていたと聞きます。

シボレーはGMの一員なので返事は同じ仲間のビューイックやオールズモビルポンティアックキャデラックジーMCなど共通でしかも大きく分けて3種類位しかありません。なので直列6気筒とブイ8が大小2種類あるだけ。サスペンションもほとんど共通ですのでサイズの若干違うペリメーターフレームにフロントが、ダブルウィッシュボーンによる独立懸架、リアはスパンの長い人分によるディジットか、4リンクとコイルスプリングのリジットと決まっています。

ごく1部のコルベットやコールベアなどが多少凝った設計を採用した程度で他のスタイルや装備、価格が違うだけの極めてベーシックな車たちである。それはフォードも同様。フォードにはマーキュリアル印鑑等GM同様の罰エンジニアリングによるグランドもありました。クライスラーは外に出家いや振りますが用意されています。今はクライスラーに吸収されたMCは乗用車も作っていましたが、アメリカジープが代表的なブランドでありました。この他にはパッカードやスチュードベーカー、ナッシュなどが存在しましたが60年代まで生き延びることがほとんどなかったです。大きな画一化されており小さい方からサブコンパクト、コンパクト、インターミディエート、フルサイズといった具合である。

このように画一化されたアメリカ者は年代で大きな傾向が伺えます。50年代初頭フォードがフラッシュサーフェイスを登場させ、フェンダーとボディーがスタイル的にも一体化した現代の形が生まれましたそして歳を追って
巨大化の時代が始まります。実用上全く意味のないスタイルが起クロームメッキが広がりまるで飛行機のような羽が生えそれらが大きくなっていったのであります。1959年ているフィンの高さがピークを迎えV8エンジンも排気量6リッターついに300馬力の大台に乗りました。

透かしそうそういつまでも巨大化の道端取れません消費者だってついていけなくなります。64年にはアメ車はようやく普通の車に戻りました。だから60年代のアメリカ車がちょっと古い車として毎日実用に使いたいのならば64年以降に登場した後に以下のマスタングやコンパクトカーのダッヂダートなんて言うのが狙い目だと思います。
エンジンは止まることを知らないようにパワフルになっていきます最も誤解だったのは70年にかけてでコルベットは例にとると1番パワフルな7リッターV8はなんと、460馬力。

ボディーにも一切の変形があってはならないとするこの法律によってアメリカ車は大きく重い模様のバンパーを前後にぶら下げることになり、操縦性安定性、燃費、スタイルが大きくスポイルされてしまった。

同時に大気汚染が深刻化するカリフォルニア州では排気ガス対策の法制化が進みました。73年のコルベットは最も強力な7.4リッターV8でさえ数々の排気ガス対策によって275馬力を発生するに過ぎなかった。こういったビックブロックも保険制度の変化によりカタログから外されることとなりました。

アメ車の巨大化。そんな時代もあったようですが今の日本車はかなりコンパクトですよね。特にジムニーなんてコンパクトSUVのパイオニアなんだと思います。パイオニアはやはりいつまで経っても廃れないって感じでもあるので売るときだってまだまだ価値は高いですね。興味がある方はこちらからジムニーの売り方を参考にしてみては?

ジムニーjb23買取価格相場は?最高額で買取してくれた業者はココでした

コメントを残す