クルマの保険で安心を

車を運転する時には、事故にならないよう細心の注意を払う必要があります。しかし、万が一事故に遭遇してしまった場合、物損事故、あるいは人身事故を起こしてしまえば、民事上の損害賠償責任が課されてきます。そんな時、頼りになるのが自動車保険になります。自動車保険は2種類あり、「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。「自賠責保険」とは、別名強制保険とも呼ばれており、全ての自動車と原動機付自転車を運行する際に加入することが、自動車損害賠償保障法で義務づけられています。一般的に車検時に同時に手続き、更新されています。

これは、自動車を運行中に事故等により他人に怪我をさせる、あるいは死亡させたりした場合の対人賠償事故を補償するものです。例えば被害を受けた方が、まんがいち死亡したばあい、3千万円を上限の額とした保険金(※共済金)が支払われることになります。しかし、「自賠責保険」だけでは被害者への損害賠償が不足する場合が多く、「任意保険」も併せて加入するのが当たり前とされています。「任意保険」は保険会社やそのセットプランによって、種類や保証範囲もさまざまで、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害補償保険などがあります。「自賠責保険」は未加入の場合は厳しい罰則がある為、加入することが絶対ですが、「任意保険」に関しても、もしもの事故の時、被害者の方の為だけではなく、ご自身や家族の為にも必ず加入するようにしましょう。

保険は万が一のときに備えての大事な保証となります。起こってからでは遅いので、しっかりと選択して自分に会った保険に入るようにしましょう。自分を守れるのは自分だけなのですから。

次の車の保険を考えていると、金銭的に厳しいなということもあるかと思いますが、現在乗っている車を少しでも高く売ることができれば、次の車の購入資金だったり、維持費などにお金多く充てることができると思いますので、このような一括査定サイトの利用がおすすめです。平均して17万円も高く売れたという口コミも多いです。無料で利用ができますので便利なサービスですよね。

スカイラインとか電気自動車とか

スカイラインとか

スカイラインと言うとGT-Rに象徴されるようなスポーティーで人気の高い小型車を思い浮かべるが、それより少し前そのGT-Rに至る有史前と言うような事態がありました。ここ数回続けているブルバード、コロナにある国産車の夜明けの時代、もう1枚噛んでいたのがスカイラインだったのでした。

そこには技術を込めて興味深い歴史がありました。戦争中は飛行機を作っていた会社が戦後まもなく自動車産業に向かう例が少なくなかったです。立川飛行機から東京電気自動車となって初期の電気自動車頭を作って解明したたま電気自動車を経てプリンス自動車を乗るのはプリンスセダンを発売してまもなくのことである。

ASHI-1型が4名送り出されるが、それから半年ほど遅れてプリンス自動車工業に改名された写メでもあったフェンスの名前は現在の天皇陛下でもある皇太子殿下のお祝いのこと。

それまで電気自動車を模索のしていたがバッテリー価格の9と逆にガソリン統制の解除が重なりプリンスはガソリンエンジンを搭載した上重聡計画された。エンジンの用意がなかったらプリンスは同じ飛行機メーカーから天神節会寒気にあった富士精密工業から長期を受けることにする。結局両者が後に合併することになるのだが富士製の直列4気筒のエンジンを搭載しそれはお互いに総務駅にあったダットサンやトヨペットとほぼ似たサイズだったがエンジンをそれらが1リッターより大きいものだつた!

電気自動車と言うと未来の乗り物と言うイメージが強いかもしれませんが実は1947年戦後間もない時代に日産自動車のDNAでもあるたま電気自動車が登場させています。1度の充電で65キロの走行が可能です最高速度は35キロ。現在ミサが販売している電気自動車リーフの高速距離が400キロメートル、というスペックがあるので電気自動車の進化を感じざるを得ないがそれよりも戦後間もない時代に電気自動車が既に誕生していたことに驚きを隠せない。

今ではスポーツカーブームの再来とも言える時代に突入していて車の業界も楽しい話題がどんどん出てきていますよね。これは車好きはもちろんですが、そうでない人たちにも良いしげきをあたえているのは間違いないのかなと思います。これからの時代が今よりさらに楽しい車の時代になれるようにこちらも応援していきたいですね。

ボディー補修について

ボディー補修はやったことがなくてもなんとなく知ってる人はたくさんいると思います。その中でも勉強だけはお世話になった人がかなりの数になると思います。いずれにしても車の補修と言えばボディーの印象が強いと言うことです。しかし実際は他にもたくさん捕収剤があります。これはプロにしか直せないと思うようなものでも結構補修剤が出ていることも多いです。低年式の車がある日突然スポーツマフラーのような音の歌ってがあります。これは間違いなくマフラーに穴が開いたと考えていいでしょう。よほどひどくなければそこには大きな支障はありませんがこれは立派な整備不良車となりますので注意が必要です。純正マフラーの交換はそれほど高くはありません。

普通車なら工賃を入れて20,000円から50,000円程度のものですが車を手放す寸前ならそんなお金をかけたくないのも人の心です。穴の場所や形状にもよりますが4版にされている専用パットや秋生テープなどでたいていは修理が可能になります。使い方は簡単ですがリフトがないと作業がしにくいです。車の下に潜ってできる範囲ならやけどをしないように気をつけて作業すると良いでしょう。トランクやドアなどから水漏れや車がやんだらなど敗戦した後に起こることがままあります。これは作業者の明確なミスですこういう場合は補修よりも作業したところに文句を言ったほうが早いです。それ以外で水漏れがあるとすれば水の信用性でいるゴムの劣化主な原因です弾力がなくなっている場合は交換した方が良いでしょう。意外かもしれませんがガラスの傷の補修ができます。高速道路などで飛び石でできた日々ぐらいなら修復は可能ですしかしこれは比較的難易度が高いので傷跡が分からないように当面仕上げるのは少々熟練の技を要するようです。

単に傷を貼り合わせる程度なら問題はありませんが焼け焦げ等の穴の補修は素人では簡単にいきませんので捕収剤を売っている店舗もあまり多くありません。市販のタイヤパンク修理剤には2種類あります1つはパンクしたのに外側から接着剤と思うに詰め物をするタイプ。これは基本的にはタイヤを車から外した方が作業しやすいです。作業後に手を入れるためのポンプも必要ですかなり本格的な作業になりますので体力も時間もそれなりにある人向きでもありますもう一つはガスト捕収剤で間を購入させるタイプですこれはタイヤの破れバルブから挿入するだけと言う優れもの。万が一のために1本トランクに積んでおくと言う人が意外と多いようです。しかもしかもこれは応急処置と言うことではありません。本格的に修理したものと捕収剤の精度は何ら変わりがないのです。ただ単価が高いです前者の処理剤が修理した場合1本あたり200円から300円になりますが後者の場合は2,000円程度です。しかもタイヤもホイルも一応ベタベタになり次にタイヤ交換する時はホイルを洗わなくてはいけません。

パジェロイオは人気がないから高く売れないって言われていますが、そんなことないんです。高く売れないのはちゃんとした売り方を知らないから。知らないと損をすること間違いなしなので、パジェロイオについて書いてあるブログを参考にしてみてください。

毎日くるま買取相場は変動するので注意

ズバリ、オンライン査定というのはおおよその価格を知る為に利用するものだと考えるのが順当です。現実にはくるまのコンディションを細かくチェックし終えるまでは、然るべき買取価格を出すことが不可能だからです。
くるま買取業者と呼ばれる人達は、別のくるま買取業者との競争になると伝えられた時には、高価な金額を出してくるでしょう。それゆえに、あなたは「複数の買い取り店との競合になる」という旨をきちんと伝えた上で、見せられた金額を比較することが必要です。

くるまを売る場面でできるだけ高く買ってほしいと言われるのなら、より多くのお店に算定してもらうのが最たる方法でしょうから、高く評価されている「くるまの一括で査定できるサービス」にトライしてみるというのも大変良いです。
事故歴があるぼろぼろの車くるま買取を積極的に行なっている買取り業者も何社かあります。利用できる部品だけを取り出し、これらを国外などに販売して利ザヤを生み出しているのです。
くるま買取相場表でチェックできるは、業界内の一般的な価格なので、現実の問題としてくるまの査定をお願いすると、相場価格と比べて高値となるようなケースも多々あります。

最高額で売ることができる

おおよそのくるま買取相場が認識できていれば、ことばが下手でも、または緊張しいでも平気です。経験豊富な営業マンさんと対峙しても買取相場の最大値に近いところでくるまを売ることができてきます。
くるま一括査定に関しては利用代金も無料だし、満足できなければ売却せずにおけばよいだけの話です。なおかつ買取相場を理解できていれば、実際に買取担当の人と1対1で商談をする時も有利な立場でいられます。
オンライン査定によって算出された価格は、約束された査定額とは異なるということを知っておきましょう。現実的に、くるまを査定を担当する人間にチェックしてもらった上で査定してもらうようにしないと、実際の数字を出すことは不可能です。
くるま買取相場表と申しますのは、はっきり言って目安という目で見るべきで、くるまそのものはどれも状態が違うのですから、自明のことですが相場表に記録されている通りの金額が提示されることは稀です。

私たちが面倒なことをやる必要は無い

くるま買取業者にくるまを売るという時は、所有者の変更などに関しましては買取業者が行うことになりますので、あなたがすべきことは業者から指示された必要書類等の用意をするのみです。
高値でくるまを売るというなら、手を煩わさずに相見積りを行なえるくるま一括査定を使ってみるのが得策です。買取業者毎に欲しいくるまはあれこれあるので、買取額にも非常に大きな差が生じます。
くるまの出張買取は本当に手軽で、1時間も掛からずに査定額も見せてもらえますので、できれば5社以上の業者に頼んで、よく比較してから最も高い値を付けたところに売るべきでしょう。
私も1年くらい前に6社の車買取専門店にくるまの出張買取査定をしてもらったことがありましたが、驚くなかれ見積額に概算で30万円の違いがありました。
古いクルマの一括査定のサイトを上手に利用して、対象のくるまの相場を把握しておけば、販売店のくるまの下取り価格と比較してみることもできるというわけなので、本来もらえるはずだった金額を失うことがないと考えます。
毎日くるま買取相場は変動すると言っていいでしょう。驚くことに、「1ヶ月で20万円も値が下がることだってある」みたいなことも珍しいことではありません。時季などにも左右されて需要が変動しますので、売るタイミングを間違えないことが必要不可欠です。

ボロボロの古いクルマでもちゃんと買取してもらえることがわかったんです。もし、どこで売却すればいいのかわからないって方はこちらが参考になるかもです。

アメリカ車の巨大化時代・・

アメリカ車がすでに触れたように工業製品としては実にコストパフォーマンスが高く実用性のある道具になっている。シボレーの分18はすこぶる信頼性が高く、パワフルで安い。一時期のジャガーはひどかったが合理的なアメリカの湯沢シボレーのブイ8に換装して幸せな生活を送っていたと聞きます。

シボレーはGMの一員なので返事は同じ仲間のビューイックやオールズモビルポンティアックキャデラックジーMCなど共通でしかも大きく分けて3種類位しかありません。なので直列6気筒とブイ8が大小2種類あるだけ。サスペンションもほとんど共通ですのでサイズの若干違うペリメーターフレームにフロントが、ダブルウィッシュボーンによる独立懸架、リアはスパンの長い人分によるディジットか、4リンクとコイルスプリングのリジットと決まっています。

ごく1部のコルベットやコールベアなどが多少凝った設計を採用した程度で他のスタイルや装備、価格が違うだけの極めてベーシックな車たちである。それはフォードも同様。フォードにはマーキュリアル印鑑等GM同様の罰エンジニアリングによるグランドもありました。クライスラーは外に出家いや振りますが用意されています。今はクライスラーに吸収されたMCは乗用車も作っていましたが、アメリカジープが代表的なブランドでありました。この他にはパッカードやスチュードベーカー、ナッシュなどが存在しましたが60年代まで生き延びることがほとんどなかったです。大きな画一化されており小さい方からサブコンパクト、コンパクト、インターミディエート、フルサイズといった具合である。

このように画一化されたアメリカ者は年代で大きな傾向が伺えます。50年代初頭フォードがフラッシュサーフェイスを登場させ、フェンダーとボディーがスタイル的にも一体化した現代の形が生まれましたそして歳を追って
巨大化の時代が始まります。実用上全く意味のないスタイルが起クロームメッキが広がりまるで飛行機のような羽が生えそれらが大きくなっていったのであります。1959年ているフィンの高さがピークを迎えV8エンジンも排気量6リッターついに300馬力の大台に乗りました。

透かしそうそういつまでも巨大化の道端取れません消費者だってついていけなくなります。64年にはアメ車はようやく普通の車に戻りました。だから60年代のアメリカ車がちょっと古い車として毎日実用に使いたいのならば64年以降に登場した後に以下のマスタングやコンパクトカーのダッヂダートなんて言うのが狙い目だと思います。
エンジンは止まることを知らないようにパワフルになっていきます最も誤解だったのは70年にかけてでコルベットは例にとると1番パワフルな7リッターV8はなんと、460馬力。

ボディーにも一切の変形があってはならないとするこの法律によってアメリカ車は大きく重い模様のバンパーを前後にぶら下げることになり、操縦性安定性、燃費、スタイルが大きくスポイルされてしまった。

同時に大気汚染が深刻化するカリフォルニア州では排気ガス対策の法制化が進みました。73年のコルベットは最も強力な7.4リッターV8でさえ数々の排気ガス対策によって275馬力を発生するに過ぎなかった。こういったビックブロックも保険制度の変化によりカタログから外されることとなりました。

アメ車の巨大化。そんな時代もあったようですが今の日本車はかなりコンパクトですよね。特にジムニーなんてコンパクトSUVのパイオニアなんだと思います。パイオニアはやはりいつまで経っても廃れないって感じでもあるので売るときだってまだまだ価値は高いですね。興味がある方はこちらからジムニーの売り方を参考にしてみては?

ジムニーjb23買取価格相場は?最高額で買取してくれた業者はココでした

激安タイヤを買う

激安タイヤはほんとに買っても大丈夫かいつどこのお店に行けば買えるのでしょうか。

ガソリンスタンド屋さんのタイヤショップなどで一緒に目を疑うような価格のロープライスレスタイヤを見にすることがあります。決してわけのわからない輸入タイヤなどではありません。商品にはしっかり国内有名メーカーのブランドが入っています。ブランドバックのように偽物と言う事はタイヤの製造工程から考えるとあり得ません。サイズや数量が限定され4本セット組しか販売されていないこの商品はなぜここまで安く売れるのだろうか?いったいこのタイヤは何者なのか。

実はこのタイヤはれっきとした本物のタイヤです。ゲリラのようにごく限られた地域に現れて通品店の実勢価格のざっと半額から3分の1の価格で販売されています。特に宣伝することもなくさっと口コミで広がり短期間で売り切れてしまいます。そしてその後はまるで何事もなかったかのような状態に戻ってしまいます。

安いタイヤの流通ルートは意外と複雑になっています。メーカーから地域ごとに置かれた反射に渡りそこから店舗やディーラー二次問屋にわたる。商品の流れとしてはこれだけなのですがお金の流れはそう簡単ではありません。タイヤは小売業に売る価格がある程度決まっています。値崩れをセグ意味からも金額も大きく変わりません。しかし大手チェーンの通品店とガソリンスタンドを同列にしていたのでは文句が出てきます。そこで販売本数に応じてバックリベートと言われる割戻しを行いショップには事実上の値引きをさせます。

たくさん売れるところで安く仕入れられるから値段も安くなるはずなのだがなかなかそうはいきません。大型店等のショップは店舗を運営するコストが高いです。まして全国チェーンの場合は本社に総務などをスタッフがいます。仕入れが安いからといってバックリベート分まるまる売値を下げることができない。なので地域ごとのタイヤの価格はあまり大きく変わりません。激安タイヤはこういった正規ルートから出てくるのではなく反射から直接二次問屋に安く下されたものが流れてきます。

タイヤ業界はシェア争いが激しいから何しろ奔走理科があります。結果苦肉の策として二次問屋へ兼売となるわけです。

もう一つの激安ルートはメーカー工場物流倉庫である。メーカーが市場予測して製品を作ります。いつも予想通りとは限りません。予想が外れれば在庫となってしまいますまた新製品投入の際も9製品が在庫となることがある。導入日が決まっていれば在庫の9製品は全て廃棄することになります。この廃棄したタイヤが業者を通じて市場に流で来るのです。

すべてのメーカーや工場物流倉庫で行ってるわけではありませんどちらかと言えば少数派になります。それだけ絶滅寸前の天然記念物のようになかなか出会うのは難しいことになります。しかし出会える確率が高まる可能性もあるわけです。

続いてはタイヤではなく、車の話を。と思ったのですが、こちらにわかりやすく実は海外で人気の車種「プレミオ」で説明してくれているサイトがありますので、車の買取について興味がある方はこちら参考にしてください。

カー用品を楽しもう

今こそ原点に帰ってもっともっとカー用品を楽しもう。日本で初めてカー用品のワンストップショッピングで販売開始したのは1970余年に大阪大東市に誕生した「オートバックスセブン東大阪」だと言われています。それまではタイヤはガソリンスタンドかタイヤショップバッテリーカーオーディオ、カーコンポは電装店、エンジンオイル交換は整備工場からガソリンスタンド、便利小物グッズはカーショップといったところで別々に販売されていた。理由はそれぞれの商品が全く違う分野で製造されていたからである。タイヤはゴム業界、バッテリー、変わりカーオーディオ、カーナビは電気業界、エンジンオイル交換は整備業界、といった具合だ。それぞれがメーカー主導で縦の流通を行わない、ユーザの立場を無視して商売をした結果なのである。
ところが画期的な新商品は全く出ていない。実のところ市場規模を1996年の3兆円をピークに年々減少傾向にある。

オートバックスやイエローハットも拡散効果で売上を伸ばしているが、既存店は売り上げも来客数も減っている。加盟店の中には経営破綻で密かに消滅し、本部の子会社化した店も多数あるらしい。確かにカーナビやエアコンドリンクホルダーのような、誰もが後驚く新商品が出てこないこともある。これまでカーエアコン、カーコンボ、CDチェンジャーなど、市場を牽引する商品があった。湯沢そういった商品を目当てに、家用品店に遊びに行ったものだ。

しかし、コンピュータや携帯電話の方が最近面白い。みんなそっちに興味がいってしまっている。とはいうものの新車こそ売れていないが車の登録台数が減少してるわけではない。たくさんの人たちが車に乗っているのである。という事は1台の車に長く乗る人が増えると言う事だろう。だとすると車をいかに長く調子良い状態で長持ちさせるかと言うことも大切になってくる。カー用品はそういったこともできるのだ。もともとカー用品は、いかに車楽しくすることにするか快適にするかと言うところが出発点だ。これまで派手に売れるグッズばかりが目立ち、それが商売支えてきたと言う側面があった事は否定できない。しかしその影で便利なグッズやメンテナンスに関するグッズが、ないがしろにされていた事実がある。いちど原点に帰って家用品を見直してみると、古くからあるものでも意外と新しい発見に結びつくのではないだろうか。当サイトでその人助けになることを祈っている。

もしこれから新車を購入しようと考えているのでしたら、こちらのサイトが大変参考になります。車種は違えど、すべての新車で同じような交渉がされているので値引きをふやしたい、結果として値引き額を多くしたいと考えている人にとっては参考にしかならないサイトです。

 

三度のめしより車が好きな男のブログです

三度のめしより車が好きな男のブログを書くことにしました!

管理人のミツオです。

免許を取ったばかりのころはまったくと言っていいほど、クルマニなって興味なかったんですけどね笑

車は走れば良い。

車にお金かけるのもったいない。って思っていたんです。本当に。でもあるとき、1台の車を見かけました。それがトヨタのランクル70でした。

衝撃が走りましたね。何あのかくかくのボディ!超かっこいい。

トヨタランクル70

そこからなんですかね。車が好きって思ったのは、すぐにランクルを購入しました。これが僕mituoの車好きの原点です。

今日から、ほんの少しずつになると思いますが、ブログを書いていきたいと思っています。特に専門的な話をするつもりはありません。し、そもそも専門的な知識はありません。僕が調べて役に立ったものだけを紹介していきたいと思っています。よろしくお願いします☆